empowering individuals

Around the world through AI technology as a self service tool
to find and reconnect with their families.

FMP has created a simple yet effective way for individuals to safely locate and reunite with their families.

Step 1

Individuals input information of a individual and/or of their family members on our secure and confidential website.

Step 2

Upon submission, our website then searches all entries for a match.

Step 3

Once a potential link to his/her family is found, a notification is made, our platform gives an output — ultimately paving the way for the families to reunite.

We believe that no child should have to experience parental child abduction.

Children who grow up in single-parent homes or who are abducted by one of their parents struggle with a number of socio-economic and psychological issues. They are at-risk for emotional, physical, and sexual abuse. They are more likely to suffer from poverty, limiting their access to quality education and health services. Research shows that children and adults who’ve suffered from child parental abduction also experience psychological issues and generational trauma as they’re robbed of half of their identity — sometimes losing an entire culture, language, and the support of extended family.

0
Children Affected Globally

Find My Parent is committed to raising awareness globally on the following issues: kidnapping, child abuse, parental child abduction, parental alienation and human trafficking.

While the database is in English, Spanish, Danish and Japanese currently, our team is working hard to expand our global reach by translating the website and database so it’s available in 20 of the most commonly spoken languages. We work hand-in-hand with our partners around the world advocating for effective policy changes to ensure that each and every missing child is reunited with their families as quickly as possible.

Our Knowledge Base

Created and curated to help you with every doubt, question and support you need with parental alienation and abduction.

「ぽぽひと」こと柴田収弁護士の「セカンドハラスメント」

2021年4月19日Contents 1. 連れ去り弁護士事務所、現在も堂々と営業中 2. 「偽善者」タイプと「アンチヒーロー気取り」タイプ 3. 家裁の不正を知らなければ、離婚裁判には勝てない 4. なぜ柴田収氏は法曹関係者に「大人気」なのか 5. 連れ去りノウハウを必要とする弁護士たち 6. 引き離された親子が弁護士から受ける「セカンドハラスメント」 7. 元ボス・秋山義信弁護士の責任は? 連れ去り弁護士事務所、現在も堂々と営業中 4月15日付の本サイト記事において、ツイッターで子の連れ去りを公言していた「ぽぽひと(@popohito)」というアカウントの正体は、柴田収(しばた しゅう)という懲戒歴のある弁護士であることを指摘しました。その翌日「ぽぽひと」弁護士はツイッターにおいて、本サイトの指摘内容を認めました。 「ぽぽひと」弁護士(柴田収弁護士)は一連のツイートでのやりとりにおいて、あるアカウントから「実名教えてください!」と求められたのに対し「話題のサイトを見てください」と答えて本サイトの記事を示し「法クラ勉強会で顔と実名出しているから、そこそこ身バレしてるのよね、実は」と述べて、柴田収弁護士本人であることを認めたのです。 しかし残念ながら、子供の連れ去り行為について、反省を表明するツイートはまだありません。また柴田氏が代表を務める岡山テミス法律事務所も、面会交流の阻止で高額の成功報酬を得る内容の料金を掲げつつ、堂々と営業を続けています。 「偽善者」タイプと「アンチヒーロー気取り」タイプ 連れ去り弁護士には二種類のタイプがあります。一つ目は「偽善者」タイプの連れ去り弁護士です。このタイプの弁護士は「『連れ去り勝ち』も『連れ去り』もありません」とウソをついて、子の連れ去りを正当化しようとします。そしてもう一つは「アンチヒーロ気取り」タイプの連れ去り弁護士です。「『連れ去り勝ち』はもちろんあります。だから依頼者のために連れ去ります」と、依頼者のために、あえて違法行為を行うタイプの連れ去り弁護士です。 たとえば、下のツイートでのやりとりを見ていただきたいと思います。2人の連れ去り弁護士のやりとりなのですが、意見が対立しています。内容をよく読むと「弁護士しのだ奈保子」は偽善者の連れ去り弁護士、「ぽぽひと(柴田収)」弁護士は、アンチヒーロー気取りの連れ去り弁護士であり、両者のタイプの違いによって意見対立が生じていことがわかります。 家裁の不正を知らなければ、離婚裁判には勝てない 上のツイートのやりとりで「弁護士しのだ奈保子」は「連れ去り勝ちにはなっていません」とウソをつくことによって、自分の連れ去り行為を正当化しています。連れ去りを肯定している弁護士のうち、「弁護士しのだ奈保子」のように実名を出している弁護士の多くは、このような「偽善者タイプ」です。名前を出している以上、違法行為をしていると認めるわけにはいかないからです。 これに対し「ぽぽひと(柴田収)」弁護士は、当時匿名であったこともあり「連れ去り勝ちになる」「(家裁は)連れ去った側を勝たせることが多い」と率直に語っています。現状はその通りであって、残念なことに、家庭裁判所の裁判官は不正な判断を行っています。家庭裁判所は「親権が欲しければ相手より先に連れ去りなさい」と、子の連れ去りという虐待行為を、父母に奨励しているのです。柴田氏はそのような家裁の不正、そして、子供を連れ去らなければ家裁での親権争いには勝てないといった現実を認めています。 そして柴田氏は、家裁の「連れ去った側を勝たせる」という不正な判断基準を前提に、「依頼者のために自分は連れ去りを指南する」と、自分の犯罪も”自供”しているのです。柴田氏は「裁判で勝つためには犯罪も躊躇しない」という「アンチヒーロー気取り」の弁護士です。そして「ぽぽひと」の正体が柴田氏であると判明した後に、自分のツイッター名を「ぽぽひと@悪徳の栄え」に変更しています。 なぜ柴田収氏は法曹関係者に「大人気」なのか 「偽善者」と「アンチヒーロー気取り」のどちらのタイプも、悪徳弁護士であることに変わりはないのですが、市井の弁護士に人気があるのは、柴田収氏のような「アンチヒーロータイプ」の弁護士です。なぜなら「家庭裁判所の判断は不正である」という真実を前提にしているので、実務には役立つからです。その人気は、「ぽぽひと」の正体が柴田収氏であることが判明した後も衰えてはいません。 「ぽぽひと」(柴田収氏)を支持する弁護士や、「ぽぽひと」とリアルでも知り合いの弁護士たちは、ツイッターではなぜか揃って、自分の酔態や汚れた豚の写真、排泄物の示唆する言葉を付けるなどしています。これらの弁護士たちは、アンチヒーローを気取る「ぽぽひと」と同様に、ツイッターでは偽悪や退廃を気取っているようにも見えます。 「ぽぽひと」がこのような弁護士達や、その下で働く法律事務所事務員など、連れ去り業務関係者に支持されているのはなぜでしょうか。それは、「ぽぽひと」がある種の真実を語るアカウントだからです。 家庭裁判所の裁判官たちが「連れ去り」という犯罪を容認する不正な判断を行っているという「真実」は、司法試験には出題されませんし、ロースクールの授業でも教えてもらえません。あまり報道もされません。一般の人間は、そのような真実があるとは考えたくもありません。しかし「ぽぽひと」はそうした真実を教えてくれます。 現実問題として、弁護士が家庭裁判所で仕事をしようとするときに「家裁の判断は不正である」というのは、極めて重要で、初歩的な前提知識です。おめでたくも、「家裁の判断は公正である」「常識的に考えて、家裁は連れ去りをするような親に親権は与えないだろう」などと考えていると、裁判では負けてしまいます。家庭裁判所に正義はないのです。このような、誰もおおっぴらには教えてはくれない「家裁の不都合な真実」を率直に語る柴田氏だからこそ、ある種の法曹関係者には人気があるのだと考えられます。 連れ去りノウハウを必要とする弁護士たち 4月16日に柴田収氏は「法曹か事務員であることがわかるアカウント以外フォローリクエストは受け付けません」(2021.4.16 PM6:43)と述べ、@popohitoを鍵アカウント(非公開)に変更しました。今後は、柴田氏を支持する法曹関係者との間だけで、悪徳離婚弁護士の手法についてノウハウを情報交換をするつもりのようです。この柴田収氏の鍵アカウント化ツイートにも、多くの法曹関係者アカウントが「いいね」を表明しています。そのうち、実名の弁護士を称するアカウントは、以下の通りです。 ・大津秀英(熊本県 宮田総合法律事務所)@Botsu_kuma_Ben

Read More »

子供の連れ去りに見る日本の人権問題(ニュース・オプエド)

子供の連れ去りに見る日本の人権問題…日本は批准しているはずの「子どもの権利条約」すらろくに守られていない「人権後進国」だった!法律があってもろくに適用されない日本の「拉致司法」の現実。 読むオプエド Vol.054 2018/04/17 http://no-border.asia/news/archives/3446 今回のゲストは、子供連れ去り問題被害者のトッマーソさん、Twitterアカウント「ジャパンチャイルドアブダクション」担当者のピエル・ルイージさん、合同会社小島事務所代表の小島太郎(こじま たろう)さんをお迎えし、「子どもの連れ去り問題」についてお話を伺いました。レギュラー出演者は山口一臣アンカーと、佐藤由季アシスタントです。 ツイッターでフォローしてください! https://twitter.com/news_oped https://twitter.com/JapanAbductions https://twitter.com/kazu1961omi/ https://twitter.com/yukiii_710/

Read More »
Child Abduction

Trends identified in CyberTipline sextortion reports

The National Center for Missing and Exploited Children’s CyberTipline receives reports regarding childsexual exploitation, including“sextortion”.Sextortionis a relatively new form of sexual exploitation that occurs primarily online and in whichnon-physical forms of coercionare utilized, such as blackmail,to acquire sexual content (photos/videos) of the child, obtain money from the child or engage in sex with the child. Since the CyberTiplinebegan trackingsextortion in October 2013, these reports have been on the rise. In just the first two full years, between 2014 and 2015, there was a 90% increase in the total number of reports; a pattern that has continued,with sextortion reports up 150% within the firstseveral months of 2016 compared to the number of reports in thatsame time-frame in 2014.

Read More »
Child Abuse

児童虐待~連鎖の軛 第4部(1)目黒5歳児死亡 見逃された母のDV被害

平成30年、東京都目黒区で長女の船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=を死なせたとして保護責任者遺棄致死罪に問われた優里(ゆり)受刑者(28)だ。事件では「おねがい ゆるして」と記された結愛ちゃんのノートが見つかり、「母親なのに子供を守らなかった」といった糾弾する声が相次いだ。

Read More »

You're Double Podcast

A Conversation with Ginger Gentile, Director of Erasing Family (2020) – Hosted by Tomas Savickas

Our guest on Your Double is Ginger Gentile, Director & Producer of the Erasing Family documentary. Ginger is on a mission to save children from the trauma of …

Listen Now

49: Co-Parenting Right with Michael Daniels, CEO of Fayr Co-parenting App (Part 2)

In this episode of You're Double Podcast, We are speaking to the CEO of Fayr, Michael David Daniels. Fayr is a co-parenting app that allows …

Listen Now

47: Co-Parenting Right with Michael Daniels, CEO of Fayr Co-parenting App (Part 1)

In this episode of You're Double Podcast, We are speaking to the CEO of Fayr, Michael David Daniels. Fayr is a co-parenting app that allows …

Listen Now

A conversation with Paul Toland, Victim of Parental Abduction and Cofounder of BACHOME (Part 2)

In this episode of you’re double podcast, we are speaking to retired US Navy Officer Captain P. Paul Toland Jr. whose daughter was previously abducted …

Listen Now

A conversation with Paul Toland, Victim of Parental Abduction and Cofounder of BACHOME (Part 1)

In this episode of you’re double podcast, we are speaking to retired US Navy Officer Captain P. Paul Toland Jr. whose daughter was previously abducted …

Listen Now

40: ‘Japan will never change unless the people of Japan change!’ – Tomas Savickas, Left Behind Parent (Part 2)

In this episode of You're Double podcast, we are speaking to Tomas Savickas, a Lithuanian father whose daughter was abducted by her Japanese mum. Tomas …

Listen Now

39: ‘Japan will never change unless the people of Japan change!’ – Tomas Savickas, Left Behind Parent (Part 1)

In this episode of you're double podcast, we are speaking to Tomas Savickas, a Lithuanian father whose daughter was abducted by her Japanese mum. Tomas …

Listen Now

Choosing Between Your Life and Your Children’s Life – Scott Putnam, Left Behind Parent (Part 2)

In this episode of You're Double podcast we are speaking to Scott Putnam. His kids were abducted from him by his wife almost 4 years …

Listen Now

Choosing Between Your Life and Your Children’s Life – Scott Putnam, Left Behind Parent (Part 1)

In this episode of You're Double podcast we are speaking to Scott Putnam. His kids were abducted from him by his wife almost 4 years …

Listen Now

Japan took my family away from me! – Louis Christian, Left Behind Parent from Japan (Part 2)

The Ushiku immigration center near Tokyo holds people seeking refuge in Japan. Using a hidden camera, award-winning filmmaker Thomas Ash interviewed inmates there from late …

Listen Now

Our Partners